2008年11月16日

マノロ・ブラニクと角田光代「さがしもの」

うちのダンさんが、ずいぶん前につぶやいた言葉。
「私のあと残りの人生には、煙草と本があればいい」
あの人が持ち運ぶものは、その二つだけ。
それでどこにだって行けるだろうと。。。

親友にこのことを話すと、「みんとちゃんはそれでいいわけ?」と
心配をしてくれたりしていましたが、
私はその言葉を聞きながら、なんだかあの人らしいなあ。。。と
何故か笑ってしまっていました。
余計なものをそぎ落として、たくさんの欲望を捨て
ただ穏やかにいろんな戦いから離れてこうやって生きていくこと。

私はそうやってこの人が大好きな野球の近くに
いられるように、そばで見守っていけることが
私の残りの幸せかもしれない。
そして、こうやって私も本を読む。
映画を観る。
スポーツに感動する。
そして子供の幸せを願い、母とお茶を飲む。
友と笑い語らう。


角田光代さんの「さがしもの」を読了。
L4101058245.jpg
角田さんは女流作家でも3本の指にはいるくらい好きな作家さんです。
この方もうちのダンさん同様、何も食べなくたって
本を読んでいれば幸せな人なんだなあと思う人。
以前、インタビューでネパールでつい手にした本を読んだ後に
古本屋で売ったあと、数年後、中東のある国の路上で見つけたという
話をしてらしたことがあるのですが、そのことを元に9つの小品集を
書かれていました。
旅する本。。。
なんてステキな言葉なのでしょう。

私がこの中で好きな短編は、「彼と私の本棚」
本がきっかけで付き合い一緒に暮すことになった二人が
別れることになる。
そして荷物をまとめて二人が暮らした部屋から彼女がでるときに
二人が読んだ本を片付けていく話。
これがとてもおもはゆく、せつない。
彼が他に好きな人ができたので、もう一緒に暮せないというと
彼女が・・・
「その人、本を読むの?」と口にするところ。
じんわり心にしみて、最後で一気に泣けました。
”びょおびょお”と泣く。
こんな感じ。
恋と本、そして喪失感の大きさが、本棚が示しているところ。
角田さんの等身大の言葉が心を揺らしていきます。

そして、ポール・ギャリコの「雪のひとひら」
51TNSG2968L._SL160_
女の一生が、冬のある日に空から舞い降りた雪のひとひらの
一生となぞらえて、実にピュアに繊細に描かれていく物語です。
女が生まれ、恋をし、結婚をし、子育てをし、年をとり、老いて
死んでいく。。。。
私が泣けたのも、夫の雨のしずくとの別れのシーン。

いかなる理由あって、この身は生まれ、地上に送られ、よろこび
かつ哀しみ、ある時は幸いを、ある時は憂いを味わったりしたのか

女の人生がひとひらの雪に重なります。
美しい珠玉の言葉が翻訳の矢川澄子のことのはで表現されます。
心が打ち震えるほど美しくはかなげで素晴らしい言葉の数々。
素晴らしい翻訳をされる矢川さんです。
ラスト、あたたかく柔らかな気持ちに救われます。
装丁の絵もステキです。ぴかぴか(新しい)

ずっと気に入って履いていたマノロの靴がコンクリートに
ひっかかってやられてしまいました。
甲のところがパラリと開いてしまい、何度かリペアに出したのに
やっぱりお釈迦に。。。(涙)
今夏のお話です。
なのにうちのダンさんが覚えてくれていて、先日、外商さんに
頼んで買っておいてくださったそう。。。
2008111433.JPG
カットのラインが前のと変化し、色も黒だったのですが
今回は濃紺です。若干素材が違うところもありますが、
間違いなくこのデザインです。覚えてくれてたのね。。。
というか、どのようにあの人が頼んだのでしょう?(笑)
>それは聞かないでおきましょう。かわいい
バックストラップがずれてくるので、滑り止めを補強して
もらいにデパートに伺ってまいりました。

大事に大事に履かせていただきます。
背筋を伸ばして、頑張ります。
本当にありがとう。
posted by mint2 at 23:41| 兵庫 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛するステキ靴が都会のコンクリートジャングルでガリリとやられてしまうのは本当に大ショックな出来事ですよね。心中お察しします。だからと言って田舎に行けば泥でドロドロになっちゃうし・・・靴のメンテは大変です。
濃紺とはオシャレですね!マノロの靴は憧れです♪それもご主人からのプレゼントなんてステキすぎる〜!
坂道の多い街に越してしまい、今や靴は総取り替え(笑)ヒール靴はもはや下駄箱。以前、ローファータイプのものを全部リサイクルショップに出してしまったことをはげしく後悔してます(^^;)
Posted by クーネルシネマ at 2008年11月17日 06:59
ポール・ギャリコ。良いですね。snow gooseとman who was magicの2作品が好きです。この作家の温かい視点が好きです。両方とも日本語で文庫にもなってます。ギャリコのThe abondoned(気がついたら捨てられた猫になって、猫の視点で世の中を見るお話)も、しみじみと読めそうな感じがして、これはまだ積ん読です。
「ポセイドンアドベンチャー」もこの作家の作品と知ったときには、椅子からひっくり返りそうになりましたが(苦笑)。

お疲れのときには、アン・モロウ・リンドバーグの「海からの贈り物(新潮文庫)」がいいかもしれません。何気ないエッセイですがすっと心に入ってくる感じがあります。三国志などのごっつい作品とは対照的ですが・・・
対照的といえば、(真面目な方にお薦めして良いかどうか迷うところではありますが)コミックの「OL進化論」、「おうちがいちばん」。または関西の人なら、「誰も寝てはならぬ」。気分転換になります、というか肩の力がふーっと抜けていきます。
人生には、いいお茶を欠かしたくないなと思っております(余計な一言でした、ポカッ)
Posted by ほにゃらら at 2008年11月17日 10:38
あっ、マノロ!!とくいついて読んでだら・・感動巨編でした!!
いやいや、二日ほど前に新宿の某デパートにて、あーでもないこーでもないと靴をとっかえひっかえ。やっぱりマノロがいいと、最後の3つに選んだ中に1足マノロちゃんが。はい、お値段みて13万円!!すぐに戻していただきました!!私は、バーゲンでしか買えない女です!!
結局、アメリカの初めて知るブランドの靴を購入。とほほ
だんさーーーーーーーん!!
Posted by yuriko at 2008年11月17日 14:06
今日、テレビを見ていたらどこぞの番組(ケーブルだからよくわからん)解説者で角田光男という人がいました(^^)
Posted by クーネルシネマ at 2008年11月17日 23:39
クーネル様♪
ありがとうございますー。
こんなことは滅多にないのですが、超久しぶりのサプライズだったので記念に書かせていただきました(^^;;

靴って中々自分にあったものに出会えないことが多いので、ぴったりあうとそればかり履いてしまう私です。
だからお気に入りの修理のおじさんも見つけちゃってます。あはは
最近は少しヒールのあるウォーキングシューズがラクちんです〜(^^)
おばあちゃんになってもマノロが履ける女でいたいのですが。。。どうかなあ?でへへ
Posted by mint2 at 2008年11月20日 14:49
ほにゃらら師匠様
わぁ、ありがとうございますー。
早速メモしちゃいました。乱読なおかんなので、官能エロ小説以外は何でも読みますよー。
(官能エロ小説はスポーツ誌の風俗欄でナナメ読みできますしね。笑)
わかぎえふさんの「大阪弁のひみつ」が痛快でしたー。(^^)
大阪弁で好きな言葉は「ちゃっちゃとしぃや」なんですけど、この解説が絶妙でしたよ。

ポールギャリコはモーパッサンの同名小説「女の一生」より情緒的で年を重ねてから理解できる部分も多かったのでしたー。
ジャンル問わず、オススメ本、映画をまた教えてくださいませー。
Posted by mint2 at 2008年11月20日 14:57
yurikoちゃん♪
私もマノロやロッシといえば香港のパシフィックプレイスでのバーゲンでしか買えましぇーん(涙)
香港のHappy Valleyの好きなオーダー店で靴をたくさん作りたいっす(><)
ちなみにアメリカのブランドってどこですかー?おしえてねー。(^^)

yuriちゃんから「ダンさーーーん」と言われるとウレシイっす。
なんだかお茶目な人みたいで・・・(笑)
Posted by mint2 at 2008年11月20日 15:04
クーネル様♪
コメント、ありがとうございます〜(^^)
あはは「角田光男」さんですか???
解説とかなさっている方でよく似たお名前ってあるのですね〜。

作家の角田光代さんはお名前は古風ですが情熱大陸でご尊顔を拝しましたらいたって普通の若奥様という感じの方でした。
彼女の書く文章がとても好きです。


Posted by mint2 at 2008年11月20日 15:08
私も、香港で靴つくりましたよーーーバックとお揃いで〜エ〇メスのまねっ子デザイン。笑
結局、母にあげましたが、あれどこへ行ったのやら。。。

アメリカのブランドは、Stuart Weitzman(スチュワート・ワイズマン)です。けっこうヒールがあるのに、とても履きやすいです。イタリアものだと思ったら、ハワイなどにたくさんあるアメリカブランドだったと買ったあとに知りました。マノロの半額でしたが、私には高価なお靴でございます^-^;
Posted by yuriko at 2008年11月21日 14:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109773747
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。